癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » ICVS東京クリニック

公開日: |更新日:

ICVS東京クリニック

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

ICVS東京クリニックは免疫療法「HITV療法」を中心として、免疫療法によって再発癌や末期癌の患者をサポートしている専門クリニックです。このページでは、ICVS東京クリニックの癌治療や医師、病院情報などを解説しています。

ICVS東京クリニックの医師

米戸敏彦院長の目指す医療

ICVS東京クリニックの院長である米戸医師は、日本外科学会専門医や日本乳癌学会乳腺専門医、日本がん治療認定機構がん治療認定医といった複数の資格を有する医師です。

ステージ4まで癌が進行している人や再発癌の治療に悩む人など、標準治療だけでは治療が困難と思われる患者に対しても、治療をあきらめることなく、前向きな姿勢で寄り添うことを重視しています。

米戸敏彦院長の経歴

所属学会・資格・役職など

ICVS東京クリニックの代表的な治療法

ICVS東京クリニックでは再発癌治療として、免疫療法の1種である「HITV療法」が実施されています。また、HITV療法をベースとして患者の体質に合わせたオーダーメイドの治療プランが提案されており、患者の状態や希望に合わせてプランニングできる点も重要です。

HITV療法

HITV療法(Human Initiated Therapeutic Vaccine)は免疫療法の1種であり、樹状細胞を腫瘍細胞へ直接に投与して樹状細胞や免疫細胞CTL(キラーT細胞)の働きを活性化させる治療法です。

ターゲットである癌細胞へ投与された樹状細胞は、癌の情報を収集し、癌細胞を攻撃するキラーT細胞情報を提供して癌への攻撃性を高めます。

HITV療法及びキラーT細胞の働きを活性化するために、樹状細胞の注入方法などが検討されており、さらに患者の体質や癌の状態に応じて相乗効果を期待できる治療法をオーダーメイドでプランニングしています。

CTガイド下投与

CTガイド下投与とは、患者の体内をCT画像診断によってリアルタイムで確認しながら、その画像をもとに腫瘍組織へ針を刺して樹状細胞を注入する方法です。

癌細胞の存在する場所を適切に確認しながら樹状細胞を投与できるため、よりピンポイントで治療効果を集中させられ、癌治療としての効率性を高めることが期待されています。

ICVS東京クリニックの特徴

再発癌治療や末期癌治療にも積極的に取り組んでいる、ICVS東京クリニックの特徴を解説します。

免疫療法を活用した「癌治療をあきらめない治療」

ICVS東京クリニックが中心的治療として提供しているHITV療法は、免疫療法の1種であり、すでに標準治療を終えて今後の治療や回復が難しいと思われる患者にも治療のチャンスを与えられることが特徴です。

また、HITV療法は全て日帰りの外来通院によって実施されるため、普段の生活を送りながら再発癌治療を進めることができます。

その他、開腹手術といった患者への物理的負担が大きい治療でないので、高齢者や体力の弱った人でもHITV療法を受けられるチャンスがあります。

オーダーメイドによる治療プランの作成

HITV療法を進めるだけでなく、患者ごとの条件に合わせて追加効果や治療効果の増強を期待できるような治療を追加し、オーダーメイドの治療プラン(総合的免疫療法プログラム)を実践していることが特徴です。

どのような治療法が具体的に追加されるかは、事前の診察などを行った上で担当医としっかり相談するようにしてください。

ICVS東京クリニックの治療の流れ

HITV療法の治療の流れは主に以下のようになります。

  1. 初診:事前診断や事前情報にもとづいた初回診察と治療方針の検討。
  2. 精密検査:現在の癌の状態を確認するために、CT検査と血液検査の実施。ただし、PET-CT検査は初診前の実施を推奨。
  3. アフェレーシス:治療に使う樹状細胞や単核球を作成するため、患者の体から血液を採取して、特定の細胞や血漿を遠心分離。
  4. 細胞培養:アフェレーシスで採取した樹状細胞やキラーT細胞などを培養。期間は平均的にやく習慣。
  5. 樹状細胞の投与:CTガイド下で腫瘍細胞へ直接に樹状細胞を投与。投与後24時間程度で樹状細胞は癌細胞の情報を修得し、免疫系の働きへと還元していく。
  6. キラーT細胞の投与:樹状細胞投与から24~48時間経過後に、静脈点滴でキラーT細胞を投与。
  7. 治療評価:治療実施日から一定期間が経過した後に、PET-CT検査と血液検査を行い、その結果にもとづいて治療効果を判断。

ICVS東京クリニックの病院情報

関連ページ