癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 東京西徳洲会病院

東京西徳洲会病院

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

包括的がん診療センターを開設している東京西徳洲会病院。乳がんにおいて、東京都がん診療連携協力病院に認定されています。化学療法センターでは抗がん剤の治療に取り組んでいるのが特徴です。また手術支援ロボット・ダビンチを導入し、前立腺がん全摘手術などを行っているようです。

東京西徳洲会病院の医師

院長:渡部 和巨

渡部院長の目指す医療

渡部院長は1985年に旭川医科大学を卒業し、その後に茅ヶ崎徳洲会病院への入職し、国立がんセンターやアメリカでの研修、第五回日本短期滞在外科手術研究会副会長など、さまざまな経験と実績を重ね、東京西徳洲会病院の院長として治療方針の策定や提供を行っています。

東京西徳洲会病院は、主に関東地域の患者さん(急性期医療)へ医療貢献することを基本的な方針としているのが特徴です。また、同病院では、看護師や医師の育成にも力を入れていて、高度な医療を提供できる人材がチーム医療にて確実な治療を提供できる体制を目指しています。

渡部院長は今後も診療科の増設や受入数の増加、半歩先を行く医療の追求と提供を目指していることもあり、今後もがん治療への注力にも期待できるでしょう。

渡部院長の経歴

渡部院長の所属学会・資格・役職など

東京西徳洲会病院の代表的な治療法

がんの標準的治療とは、抗がん剤治療・放射線治療・外科的治療です。それらを組み合わせることによって、がんに対し適切に働きかけることができます。

抗がん剤治療

ほとんどの場合がんが細胞分裂する際に働きかけ、細胞の増殖を妨げる効果が期待できます。

抗がん剤で完治を目指す場合もあれば、外科的治療の前に服用することによってがんを縮小させ、切除しやすくなる目的の場合もあります。さらに術後の転移や再発を予防するために服用するなど、目的はさまざまです。

抗がん剤は白血病や悪性リンパ腫などは抗がん剤の治療がメインになると言われています。近年では食道がんも抗がん剤と放射線治療を組み合わせることによって、治療効果のアップが期待できると報告があるのです。

抗がん剤の副作用

抗がん剤は、比較的副作用が起こりやすいと言われています。それは抗がん剤が、がん細胞に致命的なダメージを与えるように作られているからです。そのため、正常な細胞も抗がん剤の影響を受けてしまう恐れがあります。

主な副作用としては貧血や感染症、出血、脱毛、口内炎、吐き気、下痢など。とはいえ、これらの副作用を抑制するための薬剤も開発されつつあります。副作用を最小限に抑えて治療できることも少しずつ増えているようです。

しかし副作用が起こりやすいのは事実です。副作用を担当医に隠したまま治療を継続すると、重篤化する恐れもあります。そのため何らかの体調の変化を感じた場合には、早めに担当医に伝えるようにしましょう。

外科的治療

手術支援ロボット「ダビンチ」を導入しています。ロボットを用いることで、手術における体への負担を減らす(低襲)効果が期待できるでしょう。侵襲が少なければ、精神的な負担をも軽減できるのではないでしょうか。

ほかにもロボットを用いることで、手術の際の視野拡大と緻密な作業が可能です。その精度の高さを利用すれば、がん細胞をすべて除去する確率も上がるでしょう。さらに前立腺がんの手術の場合、術後の尿失禁や勃起不全を低減するとも言われています。

外科的治療のデメリット

一部のがんにおいては保険診療も可能です。ただ、すべてのがんにロボット手術が行えるわけではありません。医師と連携し、適切な治療法を検討してください。

乳腺腫瘍センターでの治療

乳腺腫瘍センターでは、リンパ節への転移も調べるためにセンチネルリンパ節生検を行い、慎重に進行状況を調べます。

そして治療方法には、全摘出よりも乳房の温存手術を積極的にて治療を行っているため、乳房を残すことが可能になりました。また、一部摘出手術後には、「小線源による放射線治療」を行うことで、乳房全体への治療も行います。

包括的がん診療センターでの治療

包括的がん診療センターでは、肺がん、胃がん、大腸がん、肝がん、乳がん及び前立腺がんに関する複合的な治療を提供しています。

従来のような再発後の対応が困難な治療体制と異なり、再発も想定した継続的かつ生活の質も考えた治療対応しているのが大きな特徴です。

東京西徳洲会病院の特徴

医療法人徳洲会・東京西徳洲会病院は、東京都昭島市松原町にある医療機関です。公共交通機関の場合は、JR青梅線の昭島駅南口から徒歩で約15分、拝島駅南口から徒歩約10分で来院できます。また、地下1階に駐車場もあるので、車でのアクセスも可能です。

駐車場を利用する場合、一定時間以上駐車すると駐車料金が発生するため事前に確認してください。

施設規模はクリニックなどよりも大きく、本館と別館の2館で構成されています。本館は地下1階・地上1階から9階まであり、別館は地上1階から6階まであります。

本館の1階から3階までは外来患者さんを受け入れるところで、内科・外科など多数の診療科が集中しているのも大きな特徴です。別館の3階はと本館が連絡通路でつながっていて、小児科や透析センターなど各種設備が入っています。

病院内には療養患者さん向けに、公衆電話・洗濯機・乾燥機・テレビ・売店・ATM・理髪店を設置していて、患者さんの生活にも配慮されているようです。

東京西徳洲会病院の治療の流れ

東京西徳洲会病院では、主に3つの受診方法があります。

初診の場合

  1. 診療申込書に記入し窓口へ提出
  2. 各診療科へ受付
  3. 診察・検査など
  4. 診察終了
  5. 自動精算機もしくは窓口にて診察料のお支払い
  6. お薬が必要な場合は、院内外の薬局にて購入

紹介状にて診療を受ける場合

  1. 診療申込書に記入し紹介・予約窓口へ提出
  2. 診察からお薬の購入に関する流れは初診と同じ

再診の場合

  1. 診察券がある場合は再来受付機にて受診手続きを行う(診察券がない場合は医事課へ申し込み)
  2. 受付表をいただき待合室にて待機
  3. 診察
  4. 診察終了後の流れは初診・紹介状持込の方と同じ

乳腺腫瘍科は、月・水・金曜日に診察・治療を行っているため、予約は3曜日のいずれかに申し込む必要があります。また、午前・午後・夕診の3回に分けて診察を行っているので、いずれかの時間で予約してください。

東京西徳洲会病院の病院情報