癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 東京西徳洲会病院

東京西徳洲会病院

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

包括的がん診療センターを開設している東京西徳洲会病院。乳がんにおいて、東京都がん診療連携協力病院に認定されています。化学療法センターでは抗がん剤の治療に取り組んでいるのが特徴です。また手術支援ロボット・ダビンチを導入し、前立腺がん全摘手術などを行っているようです。

東京西徳洲会病院の医師

院長:渡部 和巨

渡部院長の経歴

渡部院長の所属学会・資格・役職など

東京西徳洲会病院の代表的な治療法

がんの標準的治療とは、抗がん剤治療・放射線治療・外科的治療です。それらを組み合わせることによって、がんに対し適切に働きかけることができます。

抗がん剤治療

ほとんどの場合がんが細胞分裂する際に働きかけ、細胞の増殖を妨げる効果が期待できます。

抗がん剤で完治を目指す場合もあれば、外科的治療の前に服用することによってがんを縮小させ、切除しやすくなる目的の場合もあります。さらに術後の転移や再発を予防するために服用するなど、目的はさまざまです。

抗がん剤は白血病や悪性リンパ腫などは抗がん剤の治療がメインになると言われています。近年では食道がんも抗がん剤と放射線治療を組み合わせることによって、治療効果のアップが期待できると報告があるのです。

抗がん剤の副作用

抗がん剤は、比較的副作用が起こりやすいと言われています。それは抗がん剤が、がん細胞に致命的なダメージを与えるように作られているからです。そのため、正常な細胞も抗がん剤の影響を受けてしまう恐れがあります。

主な副作用としては貧血や感染症、出血、脱毛、口内炎、吐き気、下痢など。とはいえ、これらの副作用を抑制するための薬剤も開発されつつあります。副作用を最小限に抑えて治療できることも少しずつ増えているようです。

しかし副作用が起こりやすいのは事実です。副作用を担当医に隠したまま治療を継続すると、重篤化する恐れもあります。そのため何らかの体調の変化を感じた場合には、早めに担当医に伝えるようにしましょう。

外科的治療

手術支援ロボット「ダビンチ」を導入しています。ロボットを用いることで、手術における体への負担を減らす(低襲)効果が期待できるでしょう。侵襲が少なければ、精神的な負担をも軽減できるのではないでしょうか。

ほかにもロボットを用いることで、手術の際の視野拡大と緻密な作業が可能です。その精度の高さを利用すれば、がん細胞をすべて除去する確率も上がるでしょう。さらに前立腺がんの手術の場合、術後の尿失禁や勃起不全を低減するとも言われています。

外科的治療のデメリット

一部のがんにおいては保険診療も可能です。ただ、すべてのがんにロボット手術が行えるわけではありません。医師と連携し、適切な治療法を検討してください。

東京西徳洲会病院の病院情報