癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 池袋クリニック

池袋クリニック

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

NK療法を中心に多くの治療法に取り組んでいるクリニックです。ほかにもがん遺伝子治療や高濃度ビタミンC点滴療法なども実施しています。厚生労働省に届け出済みの培養センターを併設。クローンルームにてNK細胞を選択的に増殖・活性化させているのが特徴です。

池袋クリニックの医師

院長:甲 陽平

甲院長の経歴

甲院長の所属学会・資格・役職など

公式ホームページに記載がありませんでした。

池袋クリニックの代表的な治療法

NK療法

NK細胞とは、免疫を監視するためのメインとなる細胞です。さまざまながんに認められる目印にもなります。そのため、がんを識別して排除することができる細胞とも言えるでしょう。つまりNK療法は、多くのがんに対して治療効果が期待できるのです。

NK療法は、他の治療と組み合わせることが可能です。また副作用も少ないため、継続的に治療が行えます。

また治療時間も短時間で済むため、日常生活に支障をきたしにくい点がメリットです。ただ保険は適用されません。そのため費用がやや高額になってしまうデメリットがあります。

iNKT療法

iNKT細胞とは、インバリアント・ナチュラルキラーT細胞のことで、T細胞、B細胞、NK細胞に続く第4のリンパ球です。自然免疫を担っているNK細胞と、獲得免疫(敵の性質に合わせて闘う免疫)を担っているT細胞の性質を併せ持っていると言われています。

この治療法は、がん細胞を標的にした治療法ではありません。自分自身が体内に持っているがんに対する免疫細胞群の活性化を促す治療法です。がんの進行や再発、転移の抑制効果が期待できるでしょう。

ただし、この治療法は自由診療となります。費用負担が大きくなる恐れがあるため、治療に費用について確認するようにしてください。

がん遺伝子治療

がんは遺伝子の変異により正常な細胞分裂の周期の調節が乱れ、無限に増殖を繰り返してしまうことによって発症する病気です。

がん遺伝子治療は、正常ながん抑制遺伝子を体内に入れます。それによって調節機能を回復させ、遺伝子の正常化やがん細胞のアポトーシスを促すことを目的とした治療法です。

基本的には普段生活を送りながら治療を行うことができます。末期がんに対しても治療を行うことが可能です。多くのメリットがありますが、池袋クリニックでは遺伝子治療は自由診療になっています。そのため費用面に対するデメリットがあるでしょう。

各治療の副作用について

どのような治療においても副作用が出るおそれがあります。

遺伝子治療や免疫療法の場合、比較的副作用は少ないと言われていますが、治療中に体に変化が現れた場合には、早急に担当医に相談してください。そのまま放置してしまうと症状が悪化する恐れがあるため、自己判断せず、医師の判断を仰ぎましょう。

池袋クリニックの病院情報