癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 部位別に見る再発癌 » 食道癌

公開日: |更新日:

食道癌

食道癌について解説していきます。

食道癌の5年生存率・10年生存率

5年生存率

10年生存率

食道癌が転移しやすい箇所

食道癌は進行すると深層へ広がり、気管や大動脈などの周囲の臓器に浸潤することがあります。

また、リンパ管や血管の流れに乗って食道外にあるリンパ節や肺、肝臓への転移が見られます。

食道癌はどのような癌か

食道は消化管の一部であり、咽頭と胃を繋ぐ管状の臓器です。そこに生じた癌を食道癌といいます。

日本人の食道癌は約半分が食道の中央部に発生し、次いで下部に多い傾向があります。

食道癌は進行度によって分けられ、癌が食道の壁の粘膜内に留まる癌を「早期食道癌」、粘膜下層まで及んでいる癌を「表在食道癌」、それより深い層まで及んでいる癌を「進行食道癌」と呼びます。

食道癌の主な症状

食道癌は初期にはほとんど症状はみられません。

進行にするに連れ、胸の違和感・飲食物のつかえ感・胸や背中の痛み・咳・声のかすれ・体重減少などの症状が現れてきます。

食道癌が再発しやすい理由・しにくい理由

食道癌は最初の治療で癌細胞が完全に取り除かれた場合は再発する事はありません。

しかし目に見えない僅かな癌細胞が残っていたり、他の部位への転移があった場合には、その癌細胞が増殖して再発を起こします。

食道癌に用いられる治療法

内視鏡治療

粘膜にとどまっている0期の食道癌に関しては、内視鏡を使って癌の切除を行うことが標準治療と考えられています。内視鏡的切除であれば食道を失うことがなく、術後に患者の生活のQOLを維持しやすいことがポイントです。

ただし、内視鏡的切除が標準治療として推奨されているのはごく初期の食道癌や癌のサイズが限定的なものに限られており、癌のサイズが大きい場合や癌が進行している場合などは手術による治療が推奨されます。また、内視鏡的切除を行うことで食道が細くなってしまうリスクが考えられる場合についても手術や放射線療法などが選択されることもあります。加えて、すでに食道癌の治療を手術などによって終えている人が改めて食道癌を再発した場合、そもそも内視鏡的切除が選択されないケースもあるでしょう。

なお、内視鏡的切除では食道の狭窄の他にも、術後の出血や食道に穴が開くといったリスクが想定されますが、基本的には内視鏡による治療で対処することが可能です。

食道癌の内視鏡的切除には主に「内視鏡的粘膜切除術(EMR)」と「内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)」の2つがあります。

粘膜にとどまるがんでは、食道を温存できる内視鏡的切除術が標準治療として推奨されています。病変の範囲が広く、内視鏡的切除後に食道が細くなる(狭窄する)可能性が高い場合は、放射線治療や手術を行う場合があります。

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 食道がん 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/esophagus/treatment.html)

外科治療(手術)

ステージがⅠ期の食道癌においては外科治療(手術)が標準治療として推奨されています。ただし、状況によっては放射線治療と化学療法を併用した化学放射線療法が推奨されることもあるため、患者の希望や癌の状態をしっかりと確認することが重要です。

食道癌の手術では、癌がある食道に加えて胃の一部を切除して、さらにリンパ節を含んだ周囲の組織についても切除することが一般的です。

また、術後は食道や消化器官の一部が失われているため、失った機能を補うための再建術を行わなければなりません。術後の再建術では患者の胃や腸の一部が利用され、食べ物の新しい通り道を構築します。

食道癌の手術は、癌が生じている部位によって方法が変わることも特徴です。

手術は、現在食道がんに対する標準的な治療法です。がんを含めた食道と胃の一部を切除し、同時にリンパ節を含む周囲の組織も切除します(リンパ節郭清)。食道切除後には、胃や腸を使って食物の新しい通路をつくる手術(再建術)を行います。がんの発生する部位が、食道の頸部・胸部・腹部のどの部位かによって手術の方法が異なります。

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 食道がん 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/esophagus/treatment.html)

頸部食道癌の手術

癌のサイズが小さく、癌も発生部位も限定的で頸部にのみとどまっている場合、頸部食道だけを切除することになります。ただし、癌の状況によっては全ての食道や喉も含めて切除されることもあるでしょう。

なお、喉の切除に至った場合、呼吸に必要な気管の入口が首に取り付けられ、これを「永久気管孔」と呼びます。また、喉にある声帯も失ってしまうため、そのままでは声を出すことができなくなることも重要です。

頸部食道癌の手術によって声帯を失った患者でも、術後のリハビリによって発声法を習得したり、発生をサポートする器具を利用したりすることで、再び会話できることも忘れないでおきましょう。

がんの大きさや場所によっては、のど(咽頭喉頭)や全食道を一緒に切除することもあります。食道の再建は、小腸の一部や胃を使って行います。咽頭喉頭を切除した場合、呼吸をする気管の入り口(永久気管孔)が首にできます。また、声帯がなくなるため声が出せなくなりますが、発声法の習得や電気式人工喉頭(発声を補助する器具)を使用することで、会話ができるようになります。

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 食道がん 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/esophagus/treatment.html)

胸部食道癌の手術

胸部食道に癌が生じている場合、胸部食道の全てと胃の一部を手術で取り除きます。一般的には右胸と頸部、お腹の上部が切開部位となり、胸部食道の切除と並行して頸部から腹部にかけてのリンパ節郭清も行わなければなりません。

術後の食道の再建については、基本的に残存する胃を引き上げて、頸部食道と胃と接続する方法が採用されます。ただし残存している頸部食道や胃が使えない場合、小腸や大腸の一部を使って経路を作ります。

ドクターや病院によっては腹腔鏡や胸腔鏡などを使ってリスク管理を行える場合もあるため、詳細なプランは主治医としっかり相談して決めることが大切です。

一般的に右胸部と頸部と上腹部を切開し、胸部食道全部と胃の一部を切除します。同時に、頸部・胸部・腹部にわたるリンパ節郭清が必要です。最近では、胸腔鏡や腹腔鏡などを使って傷を小さくする方法もあります。

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 食道がん 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/esophagus/treatment.html)

腹部食道癌

腹部食道癌の手術は原則的に胸部食道癌のケースと同様です。また、食道と胃の接続部分に癌が生じている場合、食道の下半分と、胃の上半分、または胃の全部をまとめて切除することになります。

いずれの場合も周辺組織のリンパ節郭清が必要となっており、食道の再建術には胃の残存部や腸などが利用されます。

原則は胸部食道がんと同様に手術を行います。食道と胃のつなぎ目にあるがん(食道胃接合部がん)では、食道の上部は残し、食道の下部と、胃の上半分または胃の全部を切除する方法があります。その場合は、腹部の切開のみで手術をすることがあります。

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 食道がん 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/esophagus/treatment.html)

バイパス手術

癌によって食道が塞がれてしまい、食事によって食べ物を飲み込むことができなくなってしまうこともあるでしょう。また、手術によって癌を直接的に取り除けない場合、まず食べ物の通り道(バイパス)を作らなければなりません。このように、手術によって癌を回避して食道機能を確保することをバイパス手術といいます。

バイパス手術では、患者の胃や腸を使って、頸部から胃までの食べ物の通り道を作ります。

バイパス手術の他にも、食道ステントと呼ばれる器具を使った治療法もあり、癌のサイズや位置などを考慮して決められることがポイントです。

がんで食道がつまってしまった場合に、食事ができるようにすることを目的とした手術です。がんのある食道を残して、胃や腸を使って、頸部の食道から胃までを通る新しい食物の通り道を別につくります。バイパス手術に代わって食道ステント挿入を行う場合があります。

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 食道がん 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/esophagus/treatment.html)

手術のリスクと合併症

食道癌の手術に関しては、消化機能の喪失の他にも、術後の縫合不全や肺炎、声のかすれや喪失といった複数の合併症やリスクがあります。また、その他にも消化器系や循環器系に関する臓器障害などにも注意しなければなりません。

食道癌手術の合併症による死亡率は高くないとされていますが、高齢者や患者の既往歴によっては慎重な経過観察が必要です。

食道がんの手術に伴う合併症には、縫合不全(つなぎ目のほころび)、肺炎、嗄声(声のかすれ)、肝・腎・心臓などの臓器の障害などがあります。これらの合併症が死につながる確率は、2〜3%とされています。特に、高齢者や別の臓器に障害をもっている人で起きやすくなります。

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 食道がん 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/esophagus/treatment.html)

食道癌の手術の合併症は、自然に治癒するものがあれば、直ちに治療しなければ問題が深刻化するものもあります。そのため、痛みや違和感などを自覚した場合、直ちに主治医や看護師へ相談するようにしてください。

また手術の時に、食べ物を飲み込む機能を司る神経や、発声を司る神経に触れてしまって、術後に神経障害が起きることもあります。嚥下障害や発声障害の予防・解消にはリハビリや経過観察が必要になる上、誤嚥性肺炎といった問題に発展しないよう状態に慣れるまでは気をつけて生活してください。

手術後は、寝ていることが多く、痛みもあり、肺の奥の痰が思うように出せなくなることから、肺炎を起こしてしまうことがあります。また、手術のときに、誤嚥防止の役割がある声帯の神経を触ることで、誤嚥しやすくなり、肺炎を起こすことがあります。

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 食道がん 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/esophagus/treatment.html)

手術のときに、発声の役割のある声帯を調節する神経(反回神経)を触ります。手術後に神経機能が低下し、声がかすれることがあります。多くの場合、神経機能は3〜6カ月程度で回復します。嗄声があるときには、嚥下時にむせないように注意することも必要です。

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 食道がん 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/esophagus/treatment.html)

放射線治療

癌の生じた部位へ放射線を照射して、癌細胞を死滅させたり、癌の進行を制御したりする治療です。食道癌の放射線治療では、化学療法と組み合わせた化学放射線療法を行うことで手術と同程度の治療効果を期待することもできます。

また、放射線治療では癌の根治を目指す場合と、癌の症状を緩和させる場合の2パターンがあります。

放射線治療は、手術と同様にがんのある部分に対する治療で、食道や胃、または喉頭(声帯)の機能を温存することが可能です。高エネルギーのX線などをがんに直接あてて小さくします。通常、連日照射(週5日、6週間など)を行います。放射線単独で行うよりも、化学療法と同時に行うほうが、より効果的です。

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 食道がん 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/esophagus/treatment.html)

根治照射

癌の治療を目的とした放射線治療であり、放射線照射が可能な範囲内に食道癌がある場合、根治照射が可能です。食道を手術で切除しないため、術後のQOLを高めやすくなります。

緩和照射

癌が広範囲に存在する場合、癌による諸症状を軽減するために放射線照射を行います。なお、放射線による副作用も考慮して、根治照射よりも短期間で行われることが通常です。

放射線治療の副作用

放射線治療の副作用としては、治療期間中に生じる副作用と、治療から数ヶ月~数年後に生じるものの2種類があります。

治療期間中に生じる副作用としては、食道の炎症や喉のつかえ、痛みなどが代表例であり、治療開始から2~5週間ほど続きます。また、皮膚の乾燥や白血球の減少といった症状もあり、あまりにも症状が強い場合は治療を中止しなければなりません。

照射された部位の食道の炎症による痛みやつかえ感が、治療開始後2週間から5週間ほど続きます。その他にも、皮膚の乾燥や日焼けに似た症状、白血球減少などがあります。程度が強い場合には、放射線治療や化学療法を中断することもあります。これらの副作用の程度には個人差がありますが、通常は治療後2週間から4週間ぐらいで改善します。

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 食道がん 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/esophagus/treatment.html)

晩期障害

放射線治療から年月を経て生じる副作用を晩期障害と呼びます。

肺や心臓、甲状腺に放射線が照射された影響で、肺炎や心外膜炎、甲状腺機能の低下などが生じるものであり、予防には放射線治療の範囲に応じて主治医の経過観察を必要とします。

放射線治療の効果判定

放射線治療の効果がどの程度あるかは、内視鏡やCTなどを使って判定しなければなりません。

効果判定のための検査は2~3ヶ月単位で行われ、効果が認められない場合は治療プランの変更を考えることも必要です。

化学療法(薬物療法)

癌細胞を退縮させる医薬品を使った治療です。

食道癌の場合、癌の状態や全身の症状に合わせて使用する薬の種類や量を調節します。また放射線治療と組み合わせることもあるでしょう。

食道癌の治療で利用される抗癌剤には以下のような種類があります。

化学療法の種類

食道癌で用いられる化学療法には以下のような種類があり、全てのステージにおいて何らかの有用性が検討されることも特徴です。

CF療法は食道癌の化学療法で最も一般的な、5-FUとシスプラチンの併用療法です。また、さらにドセタキセルを加えたDCF療法が採用されることもあります。

なお、CF療法の効果が認められなくなった場合、改めて他の抗癌剤を活用した治療プランが検討されます。

5-FU+シスプラチン療法の効果がなくなった場合には、薬剤をドセタキセル単独もしくはパクリタキセル単独に変えることで、腫瘍の増殖を抑えることができる可能性があります。ドセタキセルでは1時間半の点滴を3週間ごと、パクリタキセルでは1時間の点滴を毎週繰り返します。副作用が出現した場合には、休みを入れながら継続します。入院の必要はなく、外来で治療可能です。

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 食道がん 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/esophagus/treatment.html)

化学療法の副作用

抗癌剤を使用する場合、様々な副作用が症状として表れます。副作用の程度や症状は患者によって異なるため、治療の効果判定と合わせて、治療の継続を検討する重要なポイントとなります。

抗がん剤による副作用として、血液細胞が減る、口腔(口の中)や胃腸の粘膜の再生が起こりにくくなる、髪の毛や爪が伸びなくなる、感染しやすくなる、貧血、吐き気、口内炎、脱毛などの症状があらわれることがあります。起こり方や起こりやすさは個人によって異なります。

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 食道がん 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/esophagus/treatment.html)

集学的治療

集学的治療とは、手術や放射線治療、化学療法といった複数の治療法を組み合わせる治療法です。

がんの種類や進行度に応じて、手術、放射線治療、化学療法などのさまざまな治療法を組み合わせることを集学的治療といいます。近年、食道がんでは、手術と化学療法、化学療法と放射線治療といった組み合わせによる集学的治療が多く行われています。

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 食道がん 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/esophagus/treatment.html)

手術と化学療法の併用

手術と化学療法の併用には、手術前に患者の状態を安定させるための「術前補助化学療法」と、術後のリスク軽減や治療効果の向上を目指す「術後補助化学療法」の2種類があります。

一般的に化学療法としてはCF療法が選択されます。

化学放射線療法(化学療法+放射線治療)

抗癌剤と放射線照射の集学的治療であり、Ⅳa期の標準治療です。また、それ以外でも根治や症状緩和を目的として採用されることがあります。

化学放射線療法は、Ⅳa期の場合の標準治療です。Ⅳb期でも、症状緩和の目的で行うことがあります。それ以外の病期でも、患者さんの希望や全身の状態などによって、手術を行わない場合の完治を目指した治療として行います。一般的には、同時に化学療法と放射線照射を行います。

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 食道がん 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/esophagus/treatment.html)

救済治療

化学放射線療法を行った患者において、癌が再発したり、癌が残存していたりした場合、手術や内視鏡的切除によって治療を追加することがあります。

このような治療を特に救済治療と呼びますが、実施には十分な治療プランの検証が必要です。

Ⅱ期、Ⅲ期の食道がんに対する化学放射線療法のあとに、がんが残っていたり(遺残)、いったんは消失したように見えたけれども同じ場所に再発したりした場合に、手術や内視鏡治療を行うことがあります。これを救済治療といいます。救済治療としての手術は、合併症の発生頻度や術後の死亡率が高くなるとされています。

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 食道がん 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/esophagus/treatment.html)

食道癌を再発させないための予防法

食道癌を再発させないための予防は喫煙と飲酒を控えることです。

喫煙と飲酒は、特に食道癌になるリスクを高めるといわれます。中でも飲酒により体内に生じるアセトアルデヒドは発癌性物質で、アセトアルデヒドの分解酵素が弱っていると食道癌発生に繋がるのです。

また熱いものを飲んだり食べたりすることを好む人も、食道への刺激を強めることから食道癌のリスクが高いといわれています。

そのため、生活習慣を改善することが第一の予防法といえるでしょう。動物性脂肪や塩分を控え野菜や果物を多く摂取する食事にしたり、適度な運動をすることも有効です。

癌が再発した場合は、癌治療専門病院へ行き、早めに適切な治療を行う事が重要です。

食道癌のステージ

食道癌の治療方法は、進行の程度や全身状態を考慮して決定します。その進行の分類は病期(ステージ)で示され、ローマ数字を用いるのが一般的です。食道癌の場合は0期~Ⅳ期の5段階に分けられます。

ステージの分類方法

食道癌のステージは、以下のとおり3つの因子によって分類されます。

(以下引用)

病期は、がんが食道壁のどの深さまで広がっているかを示すT因子、リンパ節転移の程度を示すN因子、別の臓器への転移の有無を示すM因子の組み合わせにより決まります。

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 食道がん 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/esophagus/treatment.html)

(以上)

たとえば、癌が食道の筋肉や外側の壁にまで広がっていても、リンパ節や他の臓器への転移がなければステージⅡに分類されます。逆に、癌が食道の浅い部分にとどまっていたとしても、他の臓器に転移があればステージⅣとされます。

ステージ分類

それでは、上記を踏まえて食道癌のステージ分類を見てみましょう。

0期 癌が食道の粘膜にとどまっている状態です。いわゆる早期癌、初期癌と呼ばれているのがこの病期です。
Ⅰ期 癌が食道の粘膜下層にとどまっており、周辺リンパ節への転移がみられない状態です。
Ⅱ期 癌が食道の粘膜を越えて、筋肉や外側の層に広がっている状態です。周辺リンパ節への転移がみられる場合もⅡ期に分類されます。
Ⅲ期 癌が胸膜や横隔膜など、周辺組織に浸潤している状態です。周辺リンパ節への転移がみられる場合もⅢ期に分類されます。
Ⅳ期 癌が手術で取り除くことができない気管や大血管などの周辺組織に広がっている状態です。食道から離れたリンパ節や臓器に転移がみられる場合もⅣ期に分類されます。

ステージごとの治療方針

ステージ0~Ⅰ期

画像検査や内視鏡検査などを受け、食道癌がどの深さまで広がっているかを見極めることが治療の大前提です。

ステージ0~Ⅰ期の比較的早い段階であれば、手術で治療するのが基本ですが、癌が小さく浸潤も浅ければ内視鏡治療による癌の切除が検討されます。しかし、癌の範囲が広いと内視鏡治療の後で食道が狭窄する可能性があるため、手術や放射線治療を選択することが多いでしょう。全身状態によっては化学療法を併用する場合もあります。

また、Ⅰ期の場合は化学療法と放射線治療を併用する化学放射線療法が最初から選択される場合も。化学放射線療法は、手術と同等の治療効果を得られるという報告もあるようです。

ステージⅡ~Ⅲ期

ステージⅠ期と同様、手術が治療の第一選択肢となります。その場合、先に化学療法を行なって癌を縮小させてから手術を行なうのが標準治療とされます。リンパ節転移が疑われる場合は、状況に応じてリンパ節郭清も同時に行なわれます。

また、食道は範囲が広いため、癌が発生した部位によって周辺臓器との位置関係も異なり、それに伴い手術の方法も大きく変わる特徴があります。手術が困難な場合は化学療法や放射線治療、または2つを併用する化学放射線療法が行なわれます。

ステージⅣ期

ステージⅣ期の場合は癌が周辺の期間や大血管に広がっていたり、遠隔転移を起こしたりしているため手術が困難なケースがほとんどです。したがって、薬物療法や放射線治療が治療の中心に。全身状態が芳しくない場合は、生活の質を保つための緩和医療を選択することになります。