癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 部位別に見る再発癌 » 食道癌

食道癌

食道癌について解説していきます。

食道癌の5年生存率・10年生存率

5年生存率

10年生存率

食道癌が転移しやすい箇所

食道癌は進行すると深層へ広がり、気管や大動脈などの周囲の臓器に浸潤することがあります。

また、リンパ管や血管の流れに乗って食道外にあるリンパ節や肺、肝臓への転移が見られます。

食道癌はどのような癌か

食道は消化管の一部であり、咽頭と胃を繋ぐ管状の臓器です。そこに生じた癌を食道癌といいます。

日本人の食道癌は約半分が食道の中央部に発生し、次いで下部に多い傾向があります。

食道癌は進行度によって分けられ、癌が食道の壁の粘膜内に留まる癌を「早期食道癌」、粘膜下層まで及んでいる癌を「表在食道癌」、それより深い層まで及んでいる癌を「進行食道癌」と呼びます。

食道癌の主な症状

食道癌は初期にはほとんど症状はみられません。

進行にするに連れ、胸の違和感・飲食物のつかえ感・胸や背中の痛み・咳・声のかすれ・体重減少などの症状が現れてきます。

食道癌が再発しやすい理由・しにくい理由

食道癌は最初の治療で癌細胞が完全に取り除かれた場合は再発する事はありません。

しかし目に見えない僅かな癌細胞が残っていたり、他の部位への転移があった場合には、その癌細胞が増殖して再発を起こします。

食道癌に用いられる治療法

食道癌の局所再発で癌細胞が取り除ける場合は、外科手術にて癌を切除します。同時にリンパ節を含む周辺の組織も切除し、食道を切除した後新たな食物の通る経路を再建する手術が行われることもあります。

転移がみられ外科手術が困難な場合は、癌の進行を抑える目的で放射線治療や抗がん剤治療が選択されます。

食道癌を再発させないための予防法

食道癌を再発させないための予防は喫煙と飲酒を控えることです。

喫煙と飲酒は、特に食道癌になるリスクを高めるといわれます。中でも飲酒により体内に生じるアセトアルデヒドは発癌性物質で、アセトアルデヒドの分解酵素が弱っていると食道癌発生に繋がるのです。

また熱いものを飲んだり食べたりすることを好む人も、食道への刺激を強めることから食道癌のリスクが高いといわれています。

そのため、生活習慣を改善することが第一の予防法といえるでしょう。動物性脂肪や塩分を控え野菜や果物を多く摂取する食事にしたり、適度な運動をすることも有効です。

癌が再発した場合は、癌治療専門病院へ行き、早めに適切な治療を行う事が重要です。

食道癌のステージ

ここではステージごとの食道癌の状態について解説します。

ステージ分類

食道癌のステージは、病気の進行度合いに応じて0~4までの5段階に分類されます。各ステージは、ローマ数字で表記されるのが一般的です。

0期 癌が食道の粘膜のみに留まっている状態です。「早期癌」「初期癌」とも呼ばれます。
Ⅰ期 癌が食道粘膜の下層にまで広がっているものの、その場に留まっており、付近のリンパ節への転移は見られない状態です。
Ⅱ期 癌が食道の粘膜を超え、筋肉や外膜の層に広がっている状態です。また、食道近くのリンパ節に転移がある時も、このステージに分類されることがあります。
Ⅲ期 癌が食道周辺の胸膜や横隔膜といった組織に浸潤している状態です。また、食道付近のリンパ節に転移が認められる場合も、このステージに分類されることがあります。
Ⅳ期 食道で発生した癌が、気管や大きな血管など、手術で取り除くことが不可能な周辺組織に広がっている状態です。食道から離れたリンパ節に転移している場合や、食道以外の臓器に転移が認められた場合も、このステージに分類されます。

ステージの分類方法

食道癌のステージは、「癌が食道の中でどの程度深く広がっているか」「リンパ節への転移の状況」「他の臓器への転移の有無」の3つの要素をもとに分類されます。

例えば、癌が食道の筋肉や外膜にまで深く広がっている場合でも、リンパ節や他臓器への転移が一切認められなければステージはⅡに分類されます。反対に、癌が食道の浅い層に留まっていても、他の臓器に転移が見られる場合、ステージはⅣに分類されます。

ステージごとの治療方針

0~Ⅰ期

まずは、CTなどの画像検査や内視鏡検査により、癌が食道のどの深さまで広がっているかをしっかりと見極めます。治療は手術で行われるのが基本ですが、病変がさほど大きくなく、浸潤も浅い場合には、内視鏡を使って体の内側から癌を取り除く治療方法が用いられることもあります。また、患者さんの全身状態によっては、治療や薬物療法を併用することも。

Ⅱ~Ⅲ期

ステージⅠと同じく、治療の第一選択肢は手術です。何らかの事情によって手術が困難である場合には、放射線治療や薬物療法、または上記二つを併用しての治療が行われます。

放射線治療の後に癌が残っていたり、再発したりした場合には、癌を取りきるために内視鏡による切除などが行われることもあります。

Ⅳ期

このステージでは、主に薬物や放射線による治療が行われます。また、全身状態があまり良くない場合は、つらい症状を和らげ、患者さんの生活の質を保つことを目的とした治療を行うことも大切です。