癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 板橋中央総合病院

板橋中央総合病院

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

高精度な放射線治療装置フルオプション「トリロジー」や日本最新鋭のサイバーナイフ「G4」を導入している、板橋中央総合病院。さまざまながんに対し、効果的な放射線治療を選択出来る環境を整えています。外科的治療や化学療法などでの治療も可能です。

板橋中央総合病院の医師

院長:新見 能成

新見院長の経歴

新見院長の所属学会・資格・役職など

板橋中央総合病院の代表的な治療法

リニアック(放射線治療)

リニアックは放射線機器の名称で、がん自体とその周囲のがん細胞を死滅させる目的で使われています。体外から皮膚を通して外部放射線治療を行うための機器です。

がんの治療に必要不可欠な高エネルギーのX線や電子線を発生させます。板橋中央総合病院で導入しているリニアックは、放射線ビームの強度や形状、照射の方向を調整することが可能です。その結果、比較的広範囲ながんの病変部位に用いることができるでしょう。

乳がんをはじめ、肺がんや前立腺がん、食道がん、肝がん、膵臓がん、頭頸部がん、直腸がん、悪性リンパ腫、転移性腫瘍(脳・骨等)、婦人科腫瘍(子宮がん等)、その他悪性腫瘍等、多くのがん治療に使用することができます。

サイバーナイフ(放射線治療)

サイバーナイフとは、放射線を精密に集中させることによって、がん細胞をピンポイントに攻撃、照射する治療法です。

ロボットアームの先端に小型のリニアックを設置することで、ほとんど誤差を生じずに照射することができると言われています。

さらに治療中は診断用のX線装置で、定期的にレントゲン撮影を実施。治療計画時の状態と3次元的に比較することで補正を行いながら治療を進めていきます。レントゲン撮影と併用することで、より効果的な治療を行えるでしょう。

サイバーナイフは咽頭がんや喉頭がん、副鼻腔がん、舌がん、唾液腺がん、口腔底がん、歯肉がんなどの頭頸部の疾患や原発性の肺がん・肝がんなども治療対象とされています。

1回における治療時間は30分から1時間程度。通院での治療が可能です。通常は数日から2週間程度で治療は終了します。

副作用・リスクについて

がんの治療は一人ひとり異なります。放射線治療では、すべての人に効果があるとは言い切れません。

体質やがんの状態において、放射線治療の効果が弱い可能性もあります。その際は他にも手術療法や化学療法を視野に入れてください。

自分にあった最適な治療を実施するためにも、医師とコミュニケーションをしっかり図ることが大切です。治療中に何らかの異変を感じた場合には、我慢せず医師に伝えてください。無理して治療を継続すれば、症状を悪化させる恐れがあります。体調の変化は細かく伝えるようにしましょう。

板橋中央総合病院の病院情報