癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 癌の再発とは

癌の再発とはどのような状態か

掲載している治療法はすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

原発癌の治療後に表れる再発癌のリスク

癌の再発とは、治療を受けて一旦症状が全くなくなってから再び癌が出現する事をいいます。原発癌(最初にできた癌)の治療が上手くいったように見えていても、再び出現する可能性があるのが癌の恐ろしい部分です。

  • 実際は手術で取り切れなかった目に見えない小さな癌が残っていて再び現れる
  • 抗がん剤治療や放射線治療で一旦小さくなった癌が再び大きくなった
  • 別の箇所に癌が出現する(転移)

血液やリンパの癌、前立腺癌などの場合には、「再発」ではなく「再燃」という表現が使われることもあります。実際に癌が見つかった時には転移している可能性があるとも言われ、再発や転移を防ぐためにも抗がん剤が使われることが多いです。

癌が再発した時にみられる症状、兆候とは?

見られる症状・兆候としては、次のようなものがあります。

癌の治療後は定期的に検査を受け、再発がないかどうかの経過を確認しますが、異常がみられた場合、さらに詳細な検査を組み合わせながら再発の有無を調べていきます。

癌が再発した際には、自覚症状を伴うこともあれば、全く何も感じないこともあります。むしろ初期段階では自覚症状のないことが多いかもしれません。異常に気づいたらすぐ主治医に伝えるようにしましょう。

癌が再発する原因

治療で根こそぎ取り除いたと思っていても、検査では見つけられない微小な癌が残っている場合もあります。

それがその場所で時間をかけて大きくなる、あるいは血液やリンパの流れに乗って他の部位に転移し、そこで増殖して再発を引き起こすのです。

癌が再発しやすいといわれている期間

癌は発症する場所によっても異なりますが、一般的に5年経過して再発しなければ治癒と見なされます。

ただし、癌の種類や場所によっても経過観察すべき時間は異なります。例えば、胃癌や大腸癌は5年経過すると再発することは稀ですが、乳癌の場合は10年経っても再発の可能性があると言われています。

癌の再発が疑われるときに受けるべき検査

癌の検査の内容や進め方は、癌の種類や出現した場所によって異なります。

多くは主に問診・触診・視診・腫瘍マーカー検査・レントゲン・CT検査などを組み合わせて検査を行います。

再発した癌は完治するのか

再発した癌は、残念ながら完治する事が困難であると言われています。

しかし医学の進歩により、現代医療において癌の進行や根治のための対処法が確立されてきているのは事実です。