癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 再発癌治療の病院 » 東京クリニック

東京クリニック

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

東京クリニックは2006年に開設された、比較的新しいクリニック。腫瘍内科や陽子線治療外来を設置し、免疫療法や陽子線治療、ホウ素中性子補足療法(BNCT)を提供しているクリニックです。先進医療機器を備えているため、一人ひとりに合った機器による治療を行ってくれます。

東京クリニックの医師

院長:宮﨑 東洋

宮﨑院長の経歴

宮﨑院長の所属学会・資格・役職など

公式のホームページに記載ありませんでした。

東京クリニックの代表的な治療法

代表的な治療法として、免疫療法・陽子線治療・ホウ素中性子補足療法(BNCT)があります。がん治療の歴史で見ると、どの治療もまだ新しい治療法です。そのため副作用などのリスクを把握したうえで、医師と相談して治療を進める必要があります。

免疫療法

免疫療法とは、免疫力を高め、免疫抑制を下げることで癌に対しての治療を行う方法です。東京クリニックは免疫細胞療法だけでなく、低用量の化学療法やハイパーサーミア(温熱療法)を併用することによって、免疫療法の効果を増強するような治療を行っています。

癌の発症や再発予防、手術・放射線治療の前後に実施すると効果的だと考えられているようです。

副作用・リスクについて

副作用は抗がん剤治療と比較すると少ないでしょう。ただ人によっては、悪寒や発熱などの副作用が起こります。免疫が働く際の反応の一つです。

一部の血液癌を除き、どんなステージの癌でも免疫療法を行うことが可能ですが、すべての癌に効果があるわけではありません。

陽子線治療

陽子線治療とは、放射線治療の1つです。水素の原子核でもある陽子をがん組織に当てることによって、がん細胞を消滅させることができると言われています。

従来の放射線療法と比較すると、がんに対しより正確に放射線を照射することが可能です。さらに正常な組織に対するダメージも最小限に抑えることも期待できます。

副作用・リスクについて

すべてのがんに対して効果があるわけではありません。現時点で陽子線治療に向いていると考えられるがんは、鼻腔や副鼻腔、唾液腺・頭蓋底などの頭頸部や原発性がん(肺・肝臓・前立腺・膀胱など)に加えて、直腸がん術後の骨盤内再発、単発性の転移性腫瘍などが挙げられます。

ホウ素中性子補足療法(BNCT)

中性子とホウ素が引き起こす反応を利用し、正常な細胞に損傷を与えることなく、ホウ素薬剤を取り込みやすいがんを死滅させる治療法です。この治療は正常細胞とがん細胞が混在しているような悪性度の高い脳腫瘍の難治性がんに効果があると言われています。

副作用・リスクについて

現時点では臨床研究の段階です。そのため効果や副作用については、はっきりとわかっていません。治験の段階なので、医師と相談しながら、ホウ素中性子補足療法に取り組むべきかどうか決定しましょう。

東京クリニックの病院情報