癌の再発と上手に付き合うためのサイト » 癌の再発とは » 再発した癌は完治するのか

再発した癌は完治するのか

掲載している治療法はすべて保険適用外の自由診療のため、全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

再発した癌を完治させることは困難。長らくそういわれていましたが、しかし現代では医学が進み、進行を抑え根治を目指す方法が確立されてきています。こちらでは再発した癌に対する治療方法を解説していきます。

再発した癌へのアプローチは2種

癌の再発は2つに分けられます。1つは遠隔転移した癌で、他の部位に再発する癌。もう1つが局所での再発です。切除しきれなかった癌が次第に大きくなり再発します。

しかし現代は医学が進み対処する事が可能となってきています。その方法は、根治を目指す方法・進行を抑える方法の2つにわけられます。

根治を目指せる方法

根治とは根本的に治す事を指し、それを目指す治療となります。主に外科手術、血管内治療、放射線治療の3つが挙げられます。

外科手術

手術により癌そのものを取り除く方法が外科手術です。

初めて癌が局所で見つかり、1つの臓器のみに留まっている場合に適応となります。

再発の場合でも、再発した癌が原発巣だけに確実に留まっていた(リンパ節や他の臓器への転移がない)場合は適応となることもあります。しかし、再発した癌細胞は血液やリンパに乗って転移していることが多いため、再発した癌が外科手術の適応となる可能性は極めて低いです。

血管内治療

血管内治療とはカテーテルという細い管を使い、治療を行う方法です。

癌における血管内治療は、主に次の2種類です。

癌の中でも血管が豊富にある臓器に適応となり、肝臓癌や腎臓癌などで行われる事が多いです。再発が局所の場合には根治を目指すための治療となりますが、転移が見られる場合は、局所のみの対処療法としての適応となります。

放射線治療

放射線治療とはX線やγ線といった放射線を照射する事によって、癌細胞の増殖を抑えたり、癌を小さくしたりする治療法です。放射線は細胞の遺伝子に直接作用して細胞が分裂して増殖する能力を無くしたり、細胞が自ら死んでいく現象(アポトーシス)を増強したりして癌細胞を殺します。

現在の放射線治療は体への負担が少なく、局所であれば根治が期待できます。しかし少なからず副作用があり、また照射しない部分には効果がありません。転移であれば照射できない部分があるというデメリットがあります。

癌の進行を抑える方法

癌を根本的に治癒させることはできませんが、進行を遅らせたり、癌細胞の増殖を抑えたりする方法です。

抗がん剤治療と免疫療法の2つが挙げられます。

抗がん剤治療

薬物を使用して癌の増殖や成長を抑えたり、転移や再発を予防する治療法です。

投薬後、血液によって全身に巡るため、手術や放射線では治療困難だった箇所の癌や全身の癌に有効で、再発や転移後の進行を抑える治療法です。

一方、正常な細胞も破壊してしまうため、吐気や脱毛、倦怠感などの副作用があります。ただし最近では副作用を抑える薬が開発されている事もあり、以前のように苦しむ事も少なくなっています。

免疫療法

自己免疫機能を高めることで、癌細胞を身体にとっての異物として識別させ、癌細胞を排除する治療法です。

リンパ球に癌細胞のみ攻撃するような力を与えるので、正常な細胞には全く影響はありません。再発や転移により手術・放射線治療が効かない癌にも有効とされています。

しかし最近開発された治療法なので、効果を証明するだけのエビデンスがまだありません。また、抗がん剤の効果を打ち消してしまう可能性がある事も指摘されています。